So-net無料ブログ作成
検索選択
-お城巡りの旅 ブログトップ

GW旅行2014 小倉城 [-お城巡りの旅]

IMG_3332.JPG

小倉城は桜の名所のようなので、次は桜の季節に行ってみたいものです。
(2014年5月4日撮影)


nice!(7)  コメント(0) 

GW旅行2014 唐津城 [-お城巡りの旅]

IMG_1428.JPG

唐津城は海に突き出た満島山の上に本丸があり、別名・舞鶴城。
キレイなお城ですが、往時は天守台しかなく、昭和41年造の模擬天守だとか。
(2014年5月1日撮影)

nice!(9)  コメント(0) 

GW旅行2014 名護屋城跡 [-お城巡りの旅]

IMG_1253.JPG

豊臣秀吉の時代、朝鮮出兵の前線基地となったお城を見学。
思っていたより大きな城郭に、古人の野望を感じました。
(2014年4月30日撮影)


nice!(14)  コメント(0) 

GW旅行2013 月山富田城 [-お城巡りの旅]

IMG_1886.JPG
足立美術館から見た月山富田城。
台形の山の上にお城があったとのこと。
今回は遠景のみですが、機会があれば行ってみたいと思います。



nice!(0)  コメント(0) 

岩国城 [-お城巡りの旅]

岩国城.jpg
吉川広家により慶長13年(1608)に築城されたお城。残念ながら、築城から7年後には一国一城令により廃城となったとのこと。今あるのは昭和37年(1962)に再現された天守閣。錦帯橋からの景観を考えて場所が移され、岩国市内・瀬戸内海を見下ろす展望が良い感じです。

nice!(8)  コメント(2) 

門司城 [-お城巡りの旅]

門司城.jpg

関門橋のすぐ傍にめかり和布刈公園があり、公園内の古城山は中世に平知盛が家臣に築かせた山城・門司城跡があります。戦国時代には大友氏と大内氏・毛利氏で激しい攻防が繰り広げられたところです。江戸初期には細川忠興が豊前に入り整備したものの、元和3年(1617)に廃城になったようです。当時の遺構はほとんど残っていませんが、明治期に海軍の要塞が築かれ砲台跡が残っていました。

タグ:EOS Kiss X2
nice!(14)  コメント(2) 

岡山城 [-お城巡りの旅]

岡山城.jpg

戦国時代に金光氏の居城であったものを宇喜多氏が接収し、改修して近世城郭として整えられたのだそうです。関ヶ原後、小早川氏、池田氏と城主が変わり、寛永年間に鳥取池田氏が入場し、池田氏の居城となったとのこと。惜しくも昭和20年の空襲で焼失し、現在の天守閣は昭和41年に外観復原された模造天守です。


nice!(20)  コメント(4) 

水戸城 [-お城巡りの旅]

水戸城_大手橋.jpg

水戸城は戦国時代には江戸氏の居城で、佐竹氏により攻め落とされ、関ヶ原合戦後には御三家水戸徳川家の居城となり、巨大な城郭が構えられたようです。現在では、堀が残る程度でほとんどのものは見ることができなくなっています。写真は、弘道館方向から大手門に向かう橋。往時は木で出来ていたのでしょうね。

水戸城_石碑.jpg

大手門のあったあたりに、「弘道館と水戸城址」という石碑が立っています。


タグ:EOS Kiss X2
nice!(13)  コメント(0) 

萩城 [-お城巡りの旅]

萩城.JPG
関ヶ原の合戦で西軍の大将格だったことから、中国地方8カ国から防長2カ国に減封された毛利輝元の居城として築かれた。築城は1604年から4年余りの歳月をかけて作られ、毛利家14代の居城となった。明治7年に城内の建物が全て解体されてしまっているのが残念。
旧城域は公園になっており、適度に手入れされた感じで散策すると良い雰囲気です。


タグ:EOS Kiss X2
nice!(9)  コメント(0) 

広島城 [-お城巡りの旅]

広島城.jpg

毛利輝元により、太田川の三角州に築城された。関ヶ原合戦で西軍に属したことから、毛利は現山口県域の防長2国に減封となり、広島城には福島正則が入城した。福島家改易後、明治まで浅野家12代の居城となった。太平洋戦争まで大天守が残っていたが、原爆によって倒壊。

昭和20年時点まで残っていたということで、原爆によって破壊されなければ名城の一つとして現存していたでしょうね。天守閣内には倒壊した天守の状態が写真で残っていましたが、とっても残念に感じました。


タグ:EOS Kiss X2
nice!(9)  コメント(0) 

唐津城 [-お城巡りの旅]

唐津城.jpg

唐津市街の北部に位置し、松浦川が唐津湾に注ぐ河口の左岸、満島山に位置する。唐津湾に突き出た満島山上に本丸が配され、その西側に二の丸、三の丸が配された連郭式の平山城。慶長13年(1608)に寺沢広高により築城された。現在見られるのは、昭和41年(1966)に文化観光施設として5層5階の模擬天守が築かれたもの。石垣、堀のみ現存。

(写真は、2004年に唐津へ行った時のもの)
nice!(6)  コメント(0) 

大阪城 [-お城巡りの旅]

大阪城.jpg

大阪城は、豊臣秀吉の本拠地だったお城です。かつて、ここの北側に淀川が流れており、天然の要害となる一方で京都にもつながる交通の要衝でもありました。大阪夏の陣で豊臣家が滅亡した後、江戸時代の前半に長期間かけて巨大な城郭に再整備されたようです。

実際に行ってみたところ、本当に巨大な軍事施設だったのだなと実感しました。皇居がある関係等で江戸城の全体は実感しにくいこともあり、私達が実感できる中でも最大・最強のお城なのだろうと感じました。現在に残っている大阪城は徳川時代のものだそうで、豊臣時代は少し違っていたのでしょうが、いずれにせよ大きくて強いお城だったことは変わらないでしょう。大阪冬の陣後、徳川氏が堀を埋めてしまったのも、何となく気持ちが分かる気がします。

大阪城の天守閣は、豊臣時代のものが大阪夏の陣で焼失、徳川時代に再建されるも落雷により焼失して天守閣のないお城の時代が長く続いたようです。現在の天守閣は、昭和6年に作られたもので鉄筋コンクリート製で内部は博物館のようになっています(登録有形文化財)。


大阪城から生駒山方面.jpg

天守閣から生駒山方面の眺望。400年前に武将達がここを駆け巡っていたのだろうかと考えました。


nice!(3)  コメント(2) 

越前大野城 [-お城巡りの旅]

大野城.jpg

越前大野城は、1580年に織田信長の武将・金森長近によって築かれたそうです。現在の城は昭和43年に復元されたもので、中は現代建築。歴代城主の遺品を展示するスペースになっています。お城は亀山と呼ばれる200m程度の高さの山頂に築かれていますが、20分程で行くことが出来ました。お城の近くには金森長近の像もありましたが、独特の容貌を持った方だったようです。
nice!(3)  コメント(2) 

北の庄城 [-お城巡りの旅]

柴田勝家.jpg

都市としての福井市の基礎は、柴田勝家が北の庄城及びその城下町を整備したことに始まったそうです。柴田勝家は織田信長背下の武将で一本気なイメージがあります。信長の死後、羽柴秀吉と賎ヶ嶽の合戦で戦い敗走、北の庄城で自害したようです。

石垣の一部.jpg

北の庄城は、福井城築城に際し、取り壊されてしまったようで伝承でのみ伝えられてきたようです。天守閣は柴田神社のある辺りにあったとされています。発掘調査により、福井城と重なる形で北の庄城の遺構も存在が確認されたとのこと。石垣等は破壊され、福井城に再利用されてしまったと思われますが、北の庄城址公園で一部を見ることが出来ます。
nice!(3)  コメント(2) 

福井城 [-お城巡りの旅]

福井城.jpg

福井城は、現在の福井駅近くに有ります。柴田勝家が築いた北の庄城を前身とし、徳川家康の次男である結城秀康が大改修を行って完成させた。外堀の延長は5キロメートル以上にもなり、巨大な城郭であったようである。元は天守閣もあり、4層5階の威容を誇ったが、江戸時代前期の大火で消失し、再建されなかったとのこと。

現在はほとんどの堀が埋め立てられる等し、街の一部になっています。本丸は石垣のみ残り、福井県庁、県警、県議会議事堂等になっています。
nice!(2)  コメント(2) 

丸岡城 [-お城巡りの旅]

丸岡城.jpg

丸岡城は、福井県の北部、坂井市丸岡町の中心部の丘にあります。現存12天主のうちの一つで、日本最古の天守閣が残っており、国指定重要文化財に指定されています。

越前の国は、北陸地方平定の恩賞として、織田信長から柴田勝家に与えられたそうです。丸岡城は、天正四年(1576)に柴田勝家の甥、柴田勝豊によって築かれたとのこと。江戸時代には、有馬家等に領有されながら明治維新を迎えたそうです。現在では堀を埋められ、天守閣と一部の石垣が残され公園になっています。

昭和9年に国宝指定されたものの、福井大震災で倒壊し、昭和25年に重要文化財に指定され、昭和30年に再建・修復されたようです。天守閣の中を見学すると、他の現存天主に比べて古くからあるのだろうなという実感がありました。作りがシンプルでざっくりした感じがしました。
nice!(4)  コメント(2) 

富山城(富山市郷土博物館) [-お城巡りの旅]

富山城.jpg

富山城址公園にある富山市郷土博物館です。昭和29年に開催された富山産業博覧会が開催された際、富山のシンボルにと鉄筋コンクリート構造による模擬天守が建てられ、通称「富山城」と呼ばれることになったそうです。今は、郷土博物館として利用されています。郷土博物館としての展示はなかなか良い感じでした。

富山城は16世紀中ごろ越中東部への進出を図る神保長職により築かれたとされています。江戸時代には富山前田家の居城だったとのこと。幾度かの火災等で、現存しているのは、千歳御殿の門のみだそうです。

石垣.jpg

個人的には、鉄筋コンクリート作りの天守よりも、こちらの石垣の方が見て満足感あり・・・。

門.jpg

唯一現存する江戸期からの建築物、千歳御殿の門。10代藩主の隠居所として東出丸に隣接して建てられたものだそうです。
nice!(6)  コメント(2) 

犬山城 [-お城巡りの旅]

犬山城.jpg


愛知県犬山市、木曽川に突出した丘陵上に築かれたお城です。残存12天守、国宝4天守のうちの一つ。織田信康により1537年築城されたと伝えられているという話もありますが、正確なことは分かっていないようです。天守は三重四階地下二階の構造。尾張徳川家の付家老成瀬家の居城でした。

白帝城とも称され、初期望楼型の美しい姿を今に残しています。


nice!(21)  コメント(5) 

お城巡りの旅開始 [-お城巡りの旅]

典型的な日本人(?)なので、日本各地にあるお城にはなんとなく心惹かれるものがあります。お城のある地域へ行くときにはなるべくお城を訪れるようにしており、以前からお城巡りの記事を書こうと思っておりました。

お城巡りの記事を書くにあたって、欠かせないと思っていたのが犬山城。

本日、犬山城に行ってきましたので、お城巡りの旅を開始したいと思います。
nice!(8)  コメント(0) 
-お城巡りの旅 ブログトップ